睡眠薬 持続時間

睡眠薬の効果の持続時間を知っていますか?昼の眠気でお困りの方へ

 

北の大地の夢しずく 昼

睡眠薬をもらうためには医師の処方が必要です。

 

どんな薬をもらうかは医師の診断に従うことになります。

 

飲み方も基本的には医師の指示に従います。

 

ただ、睡眠薬にも多くの種類があります。

 

効き方や持続時間などもそれぞれ大きく異なります。

 

自分の生活スタイルに合った飲み方をしないと不都合が出てくることもありますね。

 

一般的に睡眠薬の持続時間ってどれくらいなのでしょうか?

 

昼の眠気でお困りの方は是非、知識を持っておきましょう。

 

 

睡眠薬の持続時間

 

睡眠薬には種類がたくさんあります。

 

それらの睡眠薬は持続時間によって4つのグループに分類されます。

・超短時間タイプ 3〜4時間持続
   マイスリー、ハルシオン、アモバン、ルネスタ、ロゼレム等

 

・短時間タイプ  5〜6時間持続
   デパス、リスミー、レンドルミン、エバミール、ロラメット等

 

・中間タイプ   7〜8時間持続
    サイレース、ロヒプノール、ベンザリン、ネルボン等

 

・長時間タイプ  9〜10時間持続
    ドラール、ダルメート、ベノジール、ソメリン等

 

超短時間タイプの睡眠薬は、飲んで30分もしないうちに眠くなります。

 

寝付きの悪い入眠障害の方に適した睡眠薬です。

 

しかし、3〜4時間で効果がなくなってしまいます。

 

夜中に目が覚める中途覚醒や朝早くに起きてしまう早朝覚醒には効果がありません。

 

一方、長時間タイプの睡眠薬は9〜10時間も効果が持続します。

 

翌朝までぐっすり眠ることができます。

 

ただし、寝起きは悪くなりがちです。

 

薬の影響が尾を引き、昼にも眠気が起こることもあります。

 

睡眠薬は自分の症状や生活スタイルによって使い分けないといけないのです。

 

北の大地の夢しずく 昼

 

 

睡眠薬の依存性とは?

 

睡眠薬は薬ですので、依存性があることは否定できません。

 

適切に睡眠薬を服用して不眠症が治っても、やめると離脱症状が起こることがあります。

 

離脱症状として多いのは、不安感、イライラ、抑うつ気分、頭痛、発汗、眠気、不眠などです。

 

これらの症状はやがて治まりますが、数週間続くことも多いです。

 

その間は、結構辛いです。

 

だから睡眠薬はなかなかやめられないのですね。

 

北の大地の夢しずく 昼

 

 

結局は根本的な対策が必要

 

睡眠薬は不眠症を治すものではありません。

 

眠れない辛さを軽減するための対症療法でしかありません。

 

不眠症を治すためには、結局は不眠症の原因を取り除く必要があります。

 

とはいえ、原因が何だか分からないけれど眠れない方も多いです。

 

原因がハッキリしていたら対処のしようもあるんですけどね。

 

そんな方は、サプリメントで体質改善を図ってみるのも一つの方法です。

 

依存性がないのもサプリメントのメリットです。

 

睡眠薬のように飲んだその日に眠れるわけではありません。

 

でも飲み続けて体質改善に成功すると効果は大きいですね。

 

>>おすすめの睡眠サプリはこちら