ポケットワーク 在宅 通勤

ポケットワークは在宅と通勤、どちらが稼げるのか?ズバリ解説した

 

ポケットワーク 在宅 通勤

 

ポケットワークに登録すれば、在宅でも通勤でもどちらでもチャットレディのお仕事ができます。

 

どちらかしかできないわけではなく、両方できます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、両方やってみて自分に合った方で続けていくのがベストです。

 

ですが、どちらが稼げるかというと……

 

稼ぎやすいのは断然、「在宅」です。

 

でも「通勤」を支持する人もたくさんいます。

 

結論としては「人それぞれ」ということになります。

 

あなたにとってはどちらがいいのか、それぞれの特徴をあげながら解説していきます。

 

 

在宅の特徴

 

ポケットワーク 在宅 通勤

 

在宅の特徴を3つあげるなら、以下のとおりです。

 

@ 分給が高い

 

A 時間を有効活用できる

 

B リラックスできる

 

分給が高い

 

在宅と通勤では分給が違います。それも1.5倍ほど違うのです。

 

同じだけ仕事をすれば在宅の方が1.5倍稼げます。

 

だから、稼ぎやすさでいえば断然、在宅なのです。

 

ちなみに分給は以下のとおりです。

 

2ショットチャット

 

●通勤 : 〜68円/分(時給:4,080円)

 

●在宅 : 〜125円/分(時給:7,500円)

 

パーティーチャット

 

●通勤 : 〜51円/分 ? 人数(時給:3,060円 ? 人数)

 

●在宅 : 〜75円/分 ? 人数(時給:4,500円 ? 人数)

 

時間を有効活用できる

 

在宅なら僅かな隙間時間にもサクッとお仕事できます。

 

家事や子育てなど手を離せない主婦の方にもピッタリですね。

 

通勤だとそれなりに身繕いをして出かけなければなりません。通勤時間もかかってしまいます。

 

リラックスできる

 

在宅は自宅でくつろいでお仕事ができます。

 

誰でも自分のお部屋が一番落ち着きますからね。

 

通勤の場合、チャットルームは個室ですが周囲に人がいるので、神経質な人は気になってしまうこともあります。

 

 

通勤の特徴

 

ポケットワーク 在宅 通勤

 

続いて、通勤の特徴は以下の3つです。

 

@ 設備が整っている

 

A すぐにサポートが受けられる

 

B ある意味、強制力がある

 

設備が整っている

 

ポケットワークのオフィスのチャットルームは全室鍵付きの完全個室になっています。

 

家族がいて自宅でチャットできない人は通勤でやるしかないですね。

 

チャットルームにはパソコンはもちろん、カメラ、照明、ヘッドセット、マイクなどチャットに必要なツールが完備されています。

 

衣装やウィッグなども無料で使えます。ドリンクも無料で飲み放題となっています。

 

無料というか、これだけの設備を使えるから分給が安く抑えられているのかもしれません。

 

すぐにサポートが受けられる

 

ポケットワークのオフィスには365日24時間、スタッフが常駐しています。

 

分からないこと、困ったことはいつでも相談できます。

 

スタッフの方からも適宜声を掛けてくれます。

 

ただ、在宅でも電話やメールでいつでもサポートは受けられるので、この点は大きな違いではないとも言えます。

 

ある意味、強制力がある

 

在宅だとマイペースでできるぶん、強制力がありません。

 

意志が弱いとサボりっぱなしになりがちです。

 

その点、通勤ならオフィスに行ってしまえばチャットをやるしかありませんから、ある意味で強制力があります。

 

※ 強制力と言っても、スタッフから仕事を強制されるわけではありません。

 

オフィスに行っても仕事をするかどうかは本人の自由です。

 

学生時代、自宅で勉強できず図書館に行っていたような人は通勤が向いているでしょう。

 

図書館では集中できず自宅で勉強していた人は在宅が向いています。

 

 

まとめ

 

ポケットワーク 在宅 通勤

 

稼ぐという面では在宅の方が有利だけど、自宅ではついサボってしまってなかなか気が向かない方には通勤もおすすめということですね。

 

でも、どちから片方しかできないというわけではありません。

 

基本的には在宅で、やる気が出ないときは気分転換を兼ねて通勤で、というのが最強かもしれません!

 

ポケットワーク 危険